辺野古新基地建設断念を求める
全国交流集会

〈とき〉2016年7月31日(日)10:00~18:00
〈場所〉連合会館・全電通会館ホール

 さる3月4日の政府と県の「和解」で、現在、辺野古の現場での工事は中止しています。これは、翁長知事を先頭にした沖縄県民の不屈の闘いと全国での闘いの広がりが安倍政権を追い込んだ結果です。
 「和解」により少なくとも、半年から1年は工事は中止します。この期間に、私たち辺野古新基地建設反対の運動を行ってきた人々が、一堂に会して、お互いの連携をより深め、従来を上回る力強い闘いを全国各地で作りあげていきましょう。
 同時に、沖縄に基地を押し付けている日本政府と市民の責任を考えながら、今沖縄で怒りに燃え上がっている元海兵隊員による残虐な女性殺害事件に対する闘いに呼応する闘いをいかに作りだすかを考える場としていきましょう。

|分科会| 10:00~12:00(開場 9:30)

●第1分科会  会場:全電通会館会議室 
 職場・地域からの闘いの報告と交流
●第2分科会  会場:連合会館201会議室 
 どの故郷にも戦争に使う土砂は一粒もない
   〜「辺野古土砂搬出反対」全国連絡協議会〜
●第3分科会  会場:連合会館401会議室 
 地方自治 ―私たちの街から沖縄に繋がる―
●第4分科会 会場:連合会館501会議室 
 環境破壊を許さない!

|全体会| 13:30~18:00(開場13:00)
 会場:全電通会館ホール
講 演 
●辺野古と地方自治 
 白藤博行(専修大学教授)
●辺野古をめぐる米国の動向 
 高野 孟(ジャーナリスト) 
●沖縄からの訴え 
 山城博治(沖縄平和運動センター議長) 
●公有水面埋立承認の誤り
 桜井国俊(沖縄大学名誉教授)  

 ★★★詳細はコチラ → チラシダウンロード(PDF)★★★

【主催】「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会

連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック:090-3910-4140/沖縄意見広告運動:03-6382-6537/ピースボート:03-3363-7561


止めよう! 辺野古埋立て国会包囲実行委員会